京阪ホールディングス、第4四半期において営業赤字

決算情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

京阪電鉄やひらかたパークを運営する京阪ホールディングスの決算が発表されました。

期末決算は前年比93%の純利益

期末決算は全体で減収となったものの、全体で10%以内の減収幅に収まりました。勿論コロナウイルスや自然災害による影響も受けたようですが、第3四半期までの不動産事業やプレミアムカーの奮闘もあって何とか持ちこたえた感じになっています。

セグメント別営業成績

コロナウイルスなどの影響を受けやすいホテルや観光系の事業があるレジャーサービス事業において大幅減収となっています。因みにひらかたパークは京阪レジャーサービスという会社が運営しており、株主である京阪電気鉄道と同じ運輸業に分類されているようです。

その他事業の収益が爆上げしていますが、京都の四条河原町近くにできた「GOOD NATURE STATION」という商業施設が開業した影響だと思われます。しかし9億2100万の営業損失を計上しています。

京阪の運輸成績

京阪電気鉄道の単体での運輸成績はコロナウイルスの影響で定期外収入、旅客数において減少を見せていますが、ケーブルカーの車体更新やライナー、プレミアムカー、自然災害後の反動もあり全体では前年比99%の514億8100万円の収入となりました。

第4四半期の営業成績

第4四半期の営業成績ですが、やはりコロナウイルスの影響なのか、3億1400万円の営業損失を計上しており、第4四半期の純利益は13億8900万の損失となりました。

運輸業、レジャーサービス業において営業損失

先ほどのようにセグメント別に見てみると、運輸業とレジャーサービス業、その他事業において営業損失を計上しており、そのほかの事業においても50%近くの減収減益となています。レジャーサービス事業の約18億円の営業損失についてはコロナウイルスに加え、施設の改装費も嵩んだとの事です。

定期外旅客において減収

やはりコロナウィルスの影響でしょうか。定期外旅客が10%以上落ち込んでおり全体でも前年比90%の収益、旅客数となりました。
2021年1月頃に3000系プレミアムカーが導入されることが決定した京阪ですが、来年は増収増益に期待したいですね…!

決算情報 経営学部
Mittiyをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リトルライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました