[模型]阪急8300系 8315f加工記 鉄道コムを破門された(?)

未分類
スポンサーリンク
Pocket

 昨日訪れた方は驚いたと思われます。

 10月1日より、独自ドメインでSSL化していたサイト(超大雑把に言うとhttp”s”のサイト)がことごとく鉄道コムからはじき出されるという事態がおきまして、もれなくこのサイトも破門されました。

とゆーことでいったん安全でないサイトになってとぉーっても高貴で高度な倫理観を持ち、いつもお客様のことを第一に考えておられる朝日インタラクティブさまが運営されている鉄道コム様に命乞いをしております。鉄道コムさん、こんなあぶねーサイトこそ破門してはいかがでしょう。

さて模型の話を進めましょう。

今回は初の試みとして、前面の方向幕の点灯化をやってみようかと思います!

ライトケースはこんなカンジ。幕の部分をくりぬいてプラ板をはめ込みます。

形が少々いびつでも問題ありません。

続いて配線。

バネの付け根から配線しています。極性を統一しないといけないためブリッジダイオードに繋げています。これが無いと方向を反転させたときに煙を吹いてぶっ壊れます。

本来は各LEDに抵抗を付けるべきなのですが、今回は端折って直列につないでいます。

ついでにヘッドライトと標識灯の光源を電球色に交換しておきました!

とりあえず接着して点灯させてみましょう。

おお~

白幕表示みたいですね!当たり前ですけど。

プラ板を挟んでいるのでいい感じに拡散&減光できていると思います。

これで終わりたいのですが、前回の記事を見返してみると屋根の加工と言っていたので続けましょう。

屋根は最近の車両を参考にジャーマングレイで塗装。わずかに青色を加えていますが多分わかりません。

配管の色差しはエナメルを使います。

なお台関係は先に明灰色で塗装したうえでマスキングしておきました。

ジャーマングレイの後でもいいのですが、配管のモールドが邪魔でしっかりとマスキングできそうにないので先に塗っておきます。

クーラーは3Dプリンター出力品を使用。

鉄コレを集めるよりだいぶコスパは良いと思います。10両分で5,000円也。

鉄道コレクションは3両分で3,000円くらいしますからねぇ….。しかも車体もついてきますし。

あとフック取り付け用の穴を設計段階で開けて置けるのが3Dプリンター出力の強み。洗浄と表面処理の後に取り付けます。

品切れだったのに態々発注してくださったみたいで….お礼申し上げます。

プライマーの後、サーフェイサー→グレーで塗装。

写真を忘れた。

モデリング始めて初期のデータ故に設計が甘く、肩の傾斜なんて埋もれ気味です。

因みにファンは彫刻済みなのとMODEL524のクーラー金網パーツの取り付けに対応しているのでお好みで金網の有無を選べます。

MODEL524さんに注文メールを無視され続けて1年近く経っているのですがもしかして通販やめたのでしょうか。

それよりもう少し明るい色でもよかったかもしれません。

次回は床下回りに入ります。

鉄道コム
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mittiyをフォローする
リトルライブラリー
タイトルとURLをコピーしました