~私のお気に入り~  もう見ごろ!?城南宮のしだれ梅! 

写真部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

二月もあと一週間ですね!
京都は1月から2月が閑散期で、3月下旬より桜シーズンとなります。

桜シーズンまで待てない!という方、今回は「しだれ梅」で有名な城南宮を紹介したいと思います!

城南宮

西暦794年頃創建。平安京へ遷都した際、都の安泰と国の守護 を願って 「城南大神]を崇めたことが始まりだと伝えられています。

その城南宮内にある神苑の中で、「春の山」よ呼ばれるエリアでしだれ梅や椿などを見ることができます。この春の山は源氏物語内に登場する光源氏の邸宅、「六条院」がモデルだと言われています。

城南宮に行ってみる

電車で行くとするならば最寄りは近鉄(京都市営地下鉄)竹田駅になります。そこから徒歩約18分、第2京阪道路を越えて少しのところに位置しています。
 電車以外にバスだと市営バスなどが京都駅と京阪中書島駅から出ているようなので、比較的気軽にアクセスできると思います。

ホームページによると、車などでの参拝はかなり混雑しているようなので、公共交通機関を使った方がよさそうですね。

境内

いかがでしょうか。この花びら、桜でなくて全て梅になります。
また中央の「しだれ梅」も見事ですね。

超広角レンズで。 参拝客はそれなりにいます。なのでタイミングによっては人が移りこんでしまうかもしれません。
地面に落ちた花びらのグラデーションがとても綺麗ですね~。

梅の花びらの絨毯。もう一度言いますがすべて「梅」の花びらになります。

椿とともに

城南宮ではしだれ梅と共に、真っ赤な椿との共演を楽しむことができます。風雨によって早め咲いた椿が落ちると、淡い花びらと苔の絨毯の上に、真っ赤な椿が2輪ほどという、「映え」な空間が生み出されて、周囲の観賞道からものすごい数のレンズが向けられます(笑)

いかがでしょうか、桜に押されてあまり人気がない(?)梅や椿ですが、この際、梅の魅力を感じてみてはいかがでしょう。

なお、しだれ梅の見ごろなどの情報は城南宮公式ホームページにて毎日確認できます。あなたの「ここぞ!」という日に是非行ってみて下さい ^^)

写真部 日常
Mittiyをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リトルライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました