資産、負債の固定、流動の分類方法とは?

経営学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

以前、財務諸表についてお話ししましたが、今回はその補足。

 まず会計の世界では、「資産」というものがあります。ご想像の通り電車とか建物も資産になります。勿論現金も資産です。
 これらは企業が経営活動を営む上で必要な財産や債券で、大きく流動資産、固定資産の2つに分類できます。

 もう一つ、負債というのは債権者に対し金額を支払う義務を言います。みなさんご存じ借金は代表例ですし、細かいものでいうと商品等を買った際に発生する買掛金などもその仲間です。
こちらも大きく分けて流動負債と固定負債に分類できます。

で、どうやってその流動か固定かを分類するのかって話。

1,営業循環基準

分類方法には2つあります。そのうち1つ目が(正常)営業循環基準という基準。

企業の主たる活動のサイクルに入る債権や債務は全て流動資産、流動負債に分類するというもの。
 簡単な商社や小売業を例に挙げると、商品を仕入れると現金や買掛金で支払います。その商品を消費者や他社に売り払う際は同じく現金や売掛金によって回収しますが、これら全部(売掛金とか)流動性があるとみなされ分類されます。

2,一年基準(ワンイヤー・ルール)

もう1つ、営業循環基準で流動性に分類されなかった資産や負債を分類するために1年基準というものがあります。

これは資産が決算日の翌日から起算して1年以内に現金化、費用化できるものを流動資産とするもの。負債の場合は1年以内に決済日が到来するものは全て流動性があるとし、1年を超えて到来するものを固定負債とするものです。

 例えば売買目的で保有する有価証券。これはまず営業循環基準を満たさないため一年基準を適用します。これに照らし合わせると、原則売買目的で保有する有価証券は1年以内に現金化するものなので流動資産として扱われます。
 また「借入金」でも1年以内に決済が到来するのなら短期借入金ということで流動負債で扱われ、原則として数年後に期日の到来する長期借入金は固定負債として扱われます。

 これらの基準ですが、一応適応ルールがあるらしく一旦営業循環基準に照らし合わせた後、それに入らない資産や負債を1年基準でもう一度照らし合わせるという、最大で2段階の基準を受けます。つまり、いきなり現金や商品などの項目を1年基準にかけるのではなく、一旦営業循環基準で照らし合わせることが求められています。

経営学 経営学部
Mittiyをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リトルライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました