「決算情報」カテゴリーアーカイブ

南海電鉄が2019年度増益な件

今回のコロナウイルスの影響で鉄道会社も軒並み減収減益となったのですが、関西には増収増益だった企業があったみたいです。

2019年度の期末決算

南海電鉄、有価証券報告書によると、2019年度は前年比160%の208億1100万円の純利益となりました。項目を見る限り営業費の減少、営業利益と経常利益の増加が要因と思われます。因みに2017年度の純利益は147億円でした。

営業収益(売上)においても他社が軒並み下がっているのに対して南海は前年と同程度を維持という凄さ。

セグメント別に見てみた

セグメント別(事業部ごと)に見ると、不動産事業において去年度の2倍の営業利益を上げていた事が分かります。

レジャーサービス業やその他事業においても増収増益となっています。不動産事業に至っては90億円の増益となっており、増益の最大の要因だと思われます。

何があった

不動産事業の売上、営業利益の詳細を見てみたいと思います。

これを見てみると、売り上げ自体は余り変動がないものの、営業利益において2018年度のみ約半分の50億円程度まで落ち込んでます。何があったのでしょうか..?

減損損失(評価損)を計上したらしい

 南海電鉄によると、販売用不動産評価損を2018年度に計上したとの事です。その額が約60億円。理由は田園都市「彩の台」などにおける開発事業の見直しを行い評価損を売上原価として計上したとなっています。

他にも、橋本カントリークラブなどにおいて時価の下落を確認したことから、評価損(減損)55億円の計上を行ったとの事です。こちらは特別損失として計上しています。

つまり、2019年度が増収増益となったのは、前年度において減損を計上(費用の増加)し、利益が減っていたから、加えて経常利益の減益を受けて2018年度が他年度と比較して低い数値だったからという可能性が高いですね。

この事に関しては南海電鉄もほぼ同じ分析を行っているようで、有価証券報告書や決算短信、補足説明資料など至る所で述べられています。

以前作った、関西私鉄各社の売上高利益率分布表ですが、これは2018年度の資料で作っていたはずなので、2019年度バージョンだともう少し南海の位置が高くなるかもしれませんね。

阪急電鉄1000/1300系 今年度は5編成導入か??

今年も有価証券報告書発表の時期がやってまいりました。

有価証券報告書とは…

上場会社などに対して提出、開示が義務付けられている報告書類。事業概要、財務状態、株式構成など重要事項がすべて記載されている。

阪急阪神ホールディングスも上場会社なので、有価証券報告書の提出義務が発生します。

その中にある「設備の投資」項目内では、主要な設備の投資についての詳細が記載されており、鉄道車両に新造についても記載されます。

今年度は5編成導入か?

今回も阪急阪神ホールディングス 有価証券報告書より抜粋しました。

今年度は40両の新造予定となっており、5編成の導入が予想されます。価格は40両で54億2000万円、単純に5で割ると1編成10億8400万円となります。
確証はありませんが、取得するための費用(輸送費とか)も取得価格に組み込まれている筈なのでその点は注意。

規模の経済による単価の下落なのか、昨年度より1編成2000万円ほど下落しています。

詳しい形式はまだ不明

つい先日、1300系が2編成ほど搬入されたとの事ですが、残りの編成が1000系なのか1300系なのかはこの書類だけでは判別不能です。ただ、神宝線は19編成ほど在籍していますし、次は3300系や5300系が残っている京都線に導入されるのかな?という個人的な予想。

京阪ホールディングス、第4四半期において営業赤字

京阪電鉄やひらかたパークを運営する京阪ホールディングスの決算が発表されました。

期末決算は前年比93%の純利益

期末決算は全体で減収となったものの、全体で10%以内の減収幅に収まりました。勿論コロナウイルスや自然災害による影響も受けたようですが、第3四半期までの不動産事業やプレミアムカーの奮闘もあって何とか持ちこたえた感じになっています。

セグメント別営業成績

コロナウイルスなどの影響を受けやすいホテルや観光系の事業があるレジャーサービス事業において大幅減収となっています。因みにひらかたパークは京阪レジャーサービスという会社が運営しており、株主である京阪電気鉄道と同じ運輸業に分類されているようです。

その他事業の収益が爆上げしていますが、京都の四条河原町近くにできた「GOOD NATURE STATION」という商業施設が開業した影響だと思われます。しかし9億2100万の営業損失を計上しています。

京阪の運輸成績

京阪電気鉄道の単体での運輸成績はコロナウイルスの影響で定期外収入、旅客数において減少を見せていますが、ケーブルカーの車体更新やライナー、プレミアムカー、自然災害後の反動もあり全体では前年比99%の514億8100万円の収入となりました。

第4四半期の営業成績

第4四半期の営業成績ですが、やはりコロナウイルスの影響なのか、3億1400万円の営業損失を計上しており、第4四半期の純利益は13億8900万の損失となりました。

運輸業、レジャーサービス業において営業損失

先ほどのようにセグメント別に見てみると、運輸業とレジャーサービス業、その他事業において営業損失を計上しており、そのほかの事業においても50%近くの減収減益となています。レジャーサービス事業の約18億円の営業損失についてはコロナウイルスに加え、施設の改装費も嵩んだとの事です。

定期外旅客において減収

やはりコロナウィルスの影響でしょうか。定期外旅客が10%以上落ち込んでおり全体でも前年比90%の収益、旅客数となりました。
2021年1月頃に3000系プレミアムカーが導入されることが決定した京阪ですが、来年は増収増益に期待したいですね…!