「Mittiy BackStage.」カテゴリーアーカイブ

模型製作記事です

KATO阪急9300系を加工する 室内パーツの塗装

大阪市地下鉄の50系も大詰めなので、以前買ったはKATOの阪急9300系を加工していきたいと思います。

早速分解します。屋根は6300とよく似た構造になっているんですねぇ。6300系であった車体が少し短い問題は流石に解消されていました(笑)

一通り分解したので、まずは座席から加工します。室内灯も入れたいので塗り分けを中心にやっていきたい所です。特に9300系は窓が大きいので、製品ママだと車内除くと淀川みたいな一面緑の光景になってしまいます。
 

はじめに床下の色で塗装します。最近の新車はこげ茶のような灰色のようなビミョーな色をしているので自家調合で調色した色で塗装します。
 

同じような写真ばかりで申し訳ないんですけど、塗装してる間に撮る余裕なんて全く無いのでお許しください。

フカフカでおなじみの座席を塗装します。出来る限り楽に塗りたいんですけど、筆塗りで何とかなる面積&数じゃ無いんでめんどくさいですが床一面をマスキングしました。複雑な場所はマスキングゾルなる物を試してみました。

一部木目の部分を塗装したあと、座席部分は深緑で塗装しました。濃すぎる気もしますが室内で殆ど隠れちゃいますしこれぐらいの方が良いんじゃないかなと。対岸の一般車にも使えそうですが、あまり興味ないというか、エコノミ―キットのようなキットがあるわけでもないので使うことは無さそう。

優先座席は最近流行のワイン色で塗装。地下鉄御堂筋線の女性専用車ばりに嫌でもわかるデザインになった訳ですが、効果とかはどうなんでしょうかね⁇

マスキング剥がすとこんな感じになりました。細かいところは筆で修正します。中央にあるタイル模様はシールか何かで再現しようかと思います。

KATO阪急9300系を買ってきた

今更ですがKATOの阪急9300系を導入しました!

本当は買う予定は無かったのですが周りの方からの誘惑に負けて購入。

一応実車の説明をしておくと、阪急9300系とは京都線で現役バリバリに走っている特急車両になります。

特急の停車駅増加に伴って6300系までの伝統である2扉をやめて3扉車へ。他にも半自動の貫通扉や間接照明、大型窓など約10年ぶりの新車ということで新しい要素てんこ盛りで登場しました。
 ただし、その中でも伝統のクロスシートや外観塗装等々、阪急らしさは継承された形式になっています。

で、模型の方は富士模型やマイクロエースなどが製品化しましたが今回はカトーが幾つかのバリエーション展開で発売しました。
今回購入したのはその中で「大阪梅田」表示に変更された姿を再現した9306編成になります。

まずは顔周りから。ライトはLED交換後を再現されていますが、光源が左右2つなので強制的にハイビームとなります。
 アルミサッシの再現はいつも通り窓パーツ側になります。

灯類全点灯でこれぞ9300!といったカンジですね。
準急仕様などにする場合は加工が必須となります。

上から。 9300系独特の屋根も上手く表現されています。あと前面のステップのゴム部がきちんと再現されていて驚き。屋根色はもう少し濃くすると実車らしくなるかも。

いきなり飛んで5号車でございます。超紛らわしいことで有名な(?)女性専用車のステッカーも見事に再現されています。
 車番などは全て印刷済みで、基本購入してそのまま走らせるころが可能です。

最近では車窓を開放して走っています(コロナの件)が、他車と違い9300系は両端の窓しか開かないみたいですね。しかも大型窓の1次車は全固定窓と…。

最近の製品はTNカプラー標準装備なんですね。貫通扉がマルーンのままですが塗り分けると良いかも。

今回、というか最近のKATO発売の阪急シリーズは艶マシマシで、クリアー3回塗りレベルの艶があります。

横のレールが映り込んでますね笑笑 鉄コレとか、艶なしで発売される事が多い阪急製品にとっては大変嬉しいですね♪

外観はある程度見たと思うので次は中も確認したいと思います。

こんな感じでクロスシートと優先座席のロングシートが再現されています。最近はワインレッドみたいな色に変えられてるので、それを再現するのも良いかなと。

最後に付属品の行先ステッカーを。以前から「あまりはいってない」というお話を聞いてましたがそうでもないような?

9300の快速って朝の2,3本しかイメージ無いですが他にありましたっけ…?

逆にラッシュアワーど真ん中と終わりに運転される準急とか、何気に設定されてる各駅停車とかの方が個人的には印象にあります。が、やっぱりレアということで再現される方が多いのかな?

さらっと全体を見てみましたがいかがでしょうか。個人的に結構いい製品だなーと感じてまして、どう手を加えようか検討中。
 一応車番はそのまま9306Fで、準急仕様にしようかなーと考えています。実車も検査明けみたいですし、最近トレンドのホームドア体対策用(だと思う)車番をつけてみましょうかね…?

大阪市地下鉄50系製作記

前回の続きになります。

洗浄を済ませると、プライマー/サーフェイサーで塗装。

繋ぎ目が結構多いので、ここで最終確認。ライトパーツが付いてませんが単に資材不足で手配中です。

問題がないのなら次にラインカラーの緑を塗装。付属のデカール使っても良いのですが前面に貼るのが苦手で…笑

 乾燥後、3mm幅に切り出したマスキングテープを貼り付けます。恐らく20系とか30系と同じ幅の筈。
 50系は窓下辺から少し間を空けて貼り付けられていますので、治具を使って貼り付けました。写真のやつは歪んでるけれど….

マスキングの歪みは性格の歪み、、、らしい。

屋根を再現するために先に銀色を塗布した訳ですが、果たして吉と出るのか….?

 銀を先にしたのは屋根と車体色の境目が銀が下になるようにしたかったのと、車体色が緑と灰色の中間みたいな色だから下地を統一したかったというのも有りました、が、、、、 

ささっと乾燥させて屋根をマスキング、自家調合のアッシュグリーンを塗装します。

3回に分けて塗装しました。写真では灰色ぽいですが、落ち着くと緑味のかかった色になります。

乾燥まで別の記事を書きながら時間潰しです。

因みに、経営学の記事は色々あって私ともう1人が担当しています。共に経営学(商学部)出身なので記事の出典チェックと意思決定がスムーズで助かっております。

たまにすげーダメだしを食うこともありますが!笑

乾燥したらマスキングテープを剥がしていきます。個人的には1番楽しみな時間でもあります♪

屋根は思い通りになりました!

やっぱりちょこちょこはみ出しがあるので次回修正します。