「Mittiy BackStage.」カテゴリーアーカイブ

模型製作記事です

マイクロエース 大阪メトロ 新20系千日前線仕様を買ってきた

今月マイクロエースから発売されたOsaka Metro25系を購入しました!

今までに21系から24系までの未更新車両とOTS系を製品化してきたマイクロエースですが、今回は御堂筋線、谷町線、中央線、千日前線が更新車仕様として発売されました。

箱を開けるとこのような感じになっています。4両編成なので車両ケースの下半分はカラー写真付きの説明書で埋められています。

車両を出してみた

いやー良いですね!笑編成第12編成がすでに印刷されています。

25系更新車の特徴をよく再現されています。

前面・ライト

以前から方向幕とヘッドライトは点灯できましたね。ヘッドライトは電球色というよりレモン色寄り。連結器は精密化され森之宮型の連結器が再現されています。また、ワンマンの表示もなされています。

尾灯が光る!

他の車両であれば当然でしたが、以前の新20系の尾灯は場所と構造の問題で非点灯でした。が、今回は見事に再現されました!ただし、尾灯を組み込んだので運転室の再現は難しく(というかほぼ不可能)になりました。

やっぱり灯具は地下鉄において無くてはならない特徴なので、今回尾灯が再現されたのは嬉しい限りです。

サイドビュー

更新車仕様なのでブロックデザインが目立ちますが、しっかりとムービングMと車外スピーカー、上部車番が取り付けられています。上部車番は細かい…!因みに、車内の色は何故かピンクで成形されています。

車外スピーカーはきちんと裏の配線まで再現されています。

床下の方もきちんと更新されています。VVVF筐体はもう少し前に出してあげるとリアルになるかも知れませんね。

妻面は...

妻面は銀色で統一されています。4連の25系に簡易運転台てあったかなーっと思って調べてみましたが付いてるみたいです。カプラーはアーノルドカプラーが標準装備になっています。

森之宮検車場の再現も可能に⁉︎

これによって新20系の21〜25系が出揃う事になりました。また、これまでの鉄道コレクションなどを組み合わせると森之宮検車場や緑木検車場、中百舌鳥検車場なども再現可能に…!
2000年代初頭には考えられなかった凄い時代になりましたね!

製品の紹介

25

残念ながら今回紹介した25系はAmazonにおいては在庫切れの模様です。私は仕方なくジョーシンで購入…(笑)

21

他の21系基本6両セットは7月末の発売予定となっています。

なお、21系に関してはフル編成10両にするためには基本セットと増結セットが必要なので注意。

22系、24

22系と24系は8月末の発売予定となっています。

KATO阪急9300系を加工する 屋根パーツの加工

室内の加工はある程度終わり、残すは肘掛の色差し、カバーの装着くらいなので屋根パーツの加工に入ります。

屋根パーツはかなり薄い灰色なので、ジャーマングレイで再塗装。流石に阪急といえど屋根まで艶があるわけではないので艶消しを塗布して特有のスェード調を再現しました。

真っ黒というより少し灰色掛かった黒といった感じで、最近の車両ではだいたいこの色なんだそう。

次はクーラーカバーの再塗装になります。クーラーカバーの裏側は屋根色と同じなのでまずジャーマングレイで塗装後、マスキングした上で表側のアイボリーを塗装しました。

続いて墨入れを行います。因みに持ってる器具は500円くらいで売ってる竹の棒にクリップがついたやつ。ヨドバシのポイントが1万ポイントくらいあったのでノリで買いました。

同じように肩部分のパーツも再塗装します。

組み合わせるとこんな感じになります。やっぱり製品のアイボリーは「白」ですね、、。

新近鉄特急「ひのとり」に乗ってきた

日帰りで名古屋に用事がありまして、帰阪の際に最近デビューした「ひのとり」に乗ってきました!

なお一眼レフは携行していなかったので全てスマホ撮りです。

いやーめちゃくちゃカッコいいですね!笑

メタリックレッドの車体色と窓周りの黒塗装、金の帯と、名鉄や小田急の特急車両を彷彿とさせますが、側面の大型窓の隣には不死鳥の超かっこいいエンブレムが描かれています。

車内

扉を入るとまず大型荷物用のロッカーが登場。鎖錠方法は鍵タイプとICカードタイプの2つで、座席でゆったりと過ごしたい方は使うと良いですね。

座席まわり

車内は赤い絨毯に大型窓、2+1列でゆったりした座席配置と、まるで新幹線のグランクラスの様な空間。座席は一つ一つがボックスみたいな形状で、後ろを気にすることなくリクライニングできます。勿論読書灯も付いてました!

また走行中の揺れや騒音はあまり気になりませんでした。

テーブルはアーバンライナーなどによく似たものが取り付けられています。肘掛は隣の人と供用ですが、幅広で真ん中に小さな仕切りがあるので全然気になりませんでした。

またホルダーも追加され、前面下にはコンセント完備です♪

先頭車のロッカー向かいにカフェスポットが有りましたので作ってみました。一杯200円で挽きたてコーヒーが味わえます。しかもカップはひのとりオリジナル!
他にもココアやオリジナルグッズが販売されていました。

他の車両にはこの様なベンチスペースが設けられており、気分転換に良さそうですね!

他にもレギュラーシートなども紹介したいところですが、何しろプレミアムシートの居心地が良すぎて、殆どの時間を座席で過ごしてしまいました笑笑

これからも増えるらしい

如何でしょうか、主に名古屋⇄大阪の特急に充当されており、停車駅の少ない特急はこのひのとりに置き換えられるとか。新幹線でぱぱーっと名古屋も良いですが、ちょっと時間をかけて、新幹線より安くリッチに移動するのも良いんじゃないでしょうか⁇

模型の方は…

模型(Nゲージ )はTOMIXより発売の予告がなされています。乗ったら欲しくなる病に感染している私は是非購入したいところです!

近鉄の場合、お供に…と考えるとえらいことになりますので、アーバンライナーあたりの紹介だけで留めておきますね笑