「日常」カテゴリーアーカイブ

ちょっと時間が空いたけれど

お久しぶりです。前回からだいぶ開きましたが、就活も始まって、今は面接の期間。今年はコロナのこともあったのでWEB面接が主流になりました。

よく考えてみると、web説明会→ES(エントリーシート)はナビサイトを通じて提出→適性検査をwebで受験→ZOOMやらでweb面接…と、殆どがweb上で完結する企業もちらほらと。

確かに、双方楽なのは事実で、私もこの傾向は大いに賛成ですが、通信トラブルとか、雰囲気が掴めないとか、家で面接なものだからON-OFFの切り替えができないとか、新たな問題も出てきたように思えます。

ところで、就活の時期にほぼ必ず出てくる話題と言えば「学歴フィルター」の話。はっきり言うと存在しますし、高学歴の方が何かと楽だよなぁ、と言うのが感想です。

といっても、学歴は所詮大学入試時のランクなわけで後の4年間活動してきた事の保証書では無いですし、学歴だけで満足しちゃって4年間過ごしてきた子は折角エントリー突破出来たのに面接1回目でボロボロ落ちちゃうの勿体ないのなんの、、

何が言いたいかと言うと、エントリーするのに学歴が必要な場合は有るんだけど、面接官の前では単なる文字列に成り下がるのでES以降の事を超マジで頑張りましょう笑笑 逆に言えば学歴のない子でも面接で逆転なんて幾らでも出来る筈。実際に関関同立に混じって採用された無名大学の子とかも実際に知ってますし、「学歴が無いから」という事だけで早々に下を向くのは早い気がします。

まぁ、こんな事言ってますが所詮数万社ある日本企業のうち私たちが受けた20社にも満たない超狭い中での話ですし、企業によっても全然違う思考の所もありますし、百聞は一見にしかず、是非インターンや就活で感じ取ってみてくださいね。

で、超前置きが長くなりましたが、今後の予定を                  

来月7月中に50系の完成を目指します。現在インレタ 待ち。              

地下鉄では鉄道コレクション30系の加工を始めていこうかと思います。あと、阪急9300系の加工も始めていこうかと。

近況報告

お久しぶりです。結構空きましたが色々とありまして…..。

1つ目はエントリーシート書いてました。

今年はコロナの影響で説明会が中止になったり、そもそも選考自体が中止になったりしたところもあります。

お先真っ暗…という所までは行かないとは思いますが、選考フローや採用人数に変更が生じても不思議ではない状況なのは確かな話。

 因みによく「インターンは選考に関係ない」という話を聞きますが、私が経験した限り「大あり」でした(笑)
 単に自分の引きが良かった(?)かもしれませんが、1Dayとか3Day、インターン選考の有無問わずに参加した企業の約半数ぐらいかな?特別ルートとかリクルート面談がありました。

まぁ、確かに採用する側にとってはインターンである程度囲い込んでいた方が楽なのは容易に想像できますからねぇ。



二つ目は、3Dプリンター出力品のモデリングを続けてました。

一つ目は阪急6000系~7000系用の前面パーツ。GMのキットに合うように設計しました。細かいことを言うと7000系の中でも製造時期によって寸法が違うとの事ですが流石に今回はパス。

もう一つ、今月発売の大阪市営地下鉄30系用の床下機器の改修を行っていました。


データ自体は以前の中央線仕様の物があるので抵抗器の削除とか2両分の床下追加等、お手軽改修を行いました。

予定ではステンレス車8連1本、6連3本、5連1本
アルミ車9連1本、6連3本、4連1本を作りたいなーっと

こちらのデータに関してはクリエイターズマーケットにおいての販売を検討中です。

~私のお気に入り~  もう見ごろ!?城南宮のしだれ梅! 

二月もあと一週間ですね!
京都は1月から2月が閑散期で、3月下旬より桜シーズンとなります。

桜シーズンまで待てない!という方、今回は「しだれ梅」で有名な城南宮を紹介したいと思います!

城南宮

西暦794年頃創建。平安京へ遷都した際、都の安泰と国の守護 を願って 「城南大神]を崇めたことが始まりだと伝えられています。

その城南宮内にある神苑の中で、「春の山」よ呼ばれるエリアでしだれ梅や椿などを見ることができます。この春の山は源氏物語内に登場する光源氏の邸宅、「六条院」がモデルだと言われています。

城南宮に行ってみる

電車で行くとするならば最寄りは近鉄(京都市営地下鉄)竹田駅になります。そこから徒歩約18分、第2京阪道路を越えて少しのところに位置しています。
 電車以外にバスだと市営バスなどが京都駅と京阪中書島駅から出ているようなので、比較的気軽にアクセスできると思います。

ホームページによると、車などでの参拝はかなり混雑しているようなので、公共交通機関を使った方がよさそうですね。

境内

いかがでしょうか。この花びら、桜でなくて全て梅になります。
また中央の「しだれ梅」も見事ですね。

超広角レンズで。 参拝客はそれなりにいます。なのでタイミングによっては人が移りこんでしまうかもしれません。
地面に落ちた花びらのグラデーションがとても綺麗ですね~。

梅の花びらの絨毯。もう一度言いますがすべて「梅」の花びらになります。

椿とともに

城南宮ではしだれ梅と共に、真っ赤な椿との共演を楽しむことができます。風雨によって早め咲いた椿が落ちると、淡い花びらと苔の絨毯の上に、真っ赤な椿が2輪ほどという、「映え」な空間が生み出されて、周囲の観賞道からものすごい数のレンズが向けられます(笑)

いかがでしょうか、桜に押されてあまり人気がない(?)梅や椿ですが、この際、梅の魅力を感じてみてはいかがでしょう。

なお、しだれ梅の見ごろなどの情報は城南宮公式ホームページにて毎日確認できます。あなたの「ここぞ!」という日に是非行ってみて下さい ^^)