のせでん3100系 3170編成がまもなく引退します

写真部
スポンサーリンク
Pocket

  標識灯回りのステンレス帯、大型貫通扉…。能勢電の中でも異彩を放っていた3100系3170編成の引退が発表されました。

記念ヘッドマークを掲出

 今日3月22日より引退記念ヘッドマークが掲出される模様で、終了は4月25日を予定しています。

 しかし、具体的な掲出終了日は改めて発表するとの事です。

 ハッシュタグの「#今後の動向を要チェック」というのは何かやるのでしょうか…?

56年の活躍

ヘッドマークにも描かれていますが、3100系が登場したのは万博前の1964年ごろ。宝塚線向けに建造された車両ですが2016年、伊丹線用4両編成を最後に阪急線上からは姿を消しました。

しかし能勢電3170編成は去年夏ごろに検査を通りこれからの活躍が保証されましたがマルーン塗装が再塗装されていないなどこちらの3100系にも不穏な動きがみられました。

 今回は現在正雀車庫にいる7202編成の入れ替えとして引退するものと考えられます。

 56年間、お疲れさまでした。

鉄道コム
写真部 鉄道関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mittiyをフォローする
リトルライブラリー
タイトルとURLをコピーしました