「未分類」カテゴリーアーカイブ

ちょっと時間が空いたけれど

お久しぶりです。前回からだいぶ開きましたが、就活も始まって、今は面接の期間。今年はコロナのこともあったのでWEB面接が主流になりました。

よく考えてみると、web説明会→ES(エントリーシート)はナビサイトを通じて提出→適性検査をwebで受験→ZOOMやらでweb面接…と、殆どがweb上で完結する企業もちらほらと。

確かに、双方楽なのは事実で、私もこの傾向は大いに賛成ですが、通信トラブルとか、雰囲気が掴めないとか、家で面接なものだからON-OFFの切り替えができないとか、新たな問題も出てきたように思えます。

ところで、就活の時期にほぼ必ず出てくる話題と言えば「学歴フィルター」の話。はっきり言うと存在しますし、高学歴の方が何かと楽だよなぁ、と言うのが感想です。

といっても、学歴は所詮大学入試時のランクなわけで後の4年間活動してきた事の保証書では無いですし、学歴だけで満足しちゃって4年間過ごしてきた子は折角エントリー突破出来たのに面接1回目でボロボロ落ちちゃうの勿体ないのなんの、、

何が言いたいかと言うと、エントリーするのに学歴が必要な場合は有るんだけど、面接官の前では単なる文字列に成り下がるのでES以降の事を超マジで頑張りましょう笑笑 逆に言えば学歴のない子でも面接で逆転なんて幾らでも出来る筈。実際に関関同立に混じって採用された無名大学の子とかも実際に知ってますし、「学歴が無いから」という事だけで早々に下を向くのは早い気がします。

まぁ、こんな事言ってますが所詮数万社ある日本企業のうち私たちが受けた20社にも満たない超狭い中での話ですし、企業によっても全然違う思考の所もありますし、百聞は一見にしかず、是非インターンや就活で感じ取ってみてくださいね。

で、超前置きが長くなりましたが、今後の予定を                  

来月7月中に50系の完成を目指します。現在インレタ 待ち。              

地下鉄では鉄道コレクション30系の加工を始めていこうかと思います。あと、阪急9300系の加工も始めていこうかと。

JR西日本、期末決算短信発表。第4四半期は営業赤字

先日のJR東日本に続いて西日本旅客鉄道(JR西日本)の年度末決算短信が発表されました。

第4四半期の業績は?

まず第4四半期(2020年1/1~3/31)の業績の見てみます。

 連結決算では営業収益(売上)は昨年から約500億円近くの減収となり、営業利益はマイナス305億円という営業損失になりました。

 単体の決算においても営業収益は前年から約400億円近くの減収407億円の営業損失となりました。最終的な損益を表す純利益は269億円の純損失となりました。

運輸業、流通業で営業損失

 セグメント別でみると、不動産業以外は減収となっています。  JR西日本によると 不動産業の増収は販売戸数の増加を理由として挙げていますが、コロナウィルスによるショッピングセンター利用減などが足を引っ張った方になりました。
 コロナの影響を大きく受けた運輸事業、流通事業もあって営業損失215億円となっています。

定期外旅客において大幅減収

運輸収入はJR東日本と同じく定期外収入が大きく落ち込んでおり、これが影響して全体で371億円の減収となりました。

2019年度の業績は…?

最後に、2019年度期末決算(1年を通した業績)を見てみましょう。

なんとか持ち堪えた…のか⁉︎

短信内でも言及されていますが、実は第3四半期までは前年度を超える勢いの収益だったため、連結会計においては営業収益は前年比1.5%減、営業利益は約18%減と大幅減収という訳ではない模様です(勿論減収減益なのは事実ですが)

また、運輸収入ですが在来線の定期外収入がコロナウィルスの影響を受けながら13億円の減収で済んでいるというのは中々凄いかなと。これも第三四半期までの堅実な積み重ねが効いたものと思われます。