[クソ遅いレビュー]京阪3000系のプレミアムカーに乗ってきた

写真部
スポンサーリンク
Pocket

京阪では1/31に行われたダイヤ改正に合わせてプレミアムカーの拡充が行われ、3000系にもプレミアムカーが連結されるようになりました。

そ・こ・で、改正から1週間が経ちましたが3000系のプレミアムカーに乗ってきました!

ホームに券売機が登場!

これまではきっぷ売場近くの事務室に入って購入していたプレミアムカー券ですが、今回からはホーム上で空席具合を確認してキャッシュレス購入ができるようになるみたいです。

…しかし設置して1週間たっても故障中でした。当分の間は従来通り事務室で購入する必要があります。

超薄い!表示器

3000系プレミアムカーの特徴の1つでもありますが、側面の表示機が超薄型になり複層ガラス内に収まることになりました。

これによってガラスの反射が抑制されて視認性がアップするのだとか。

終点まで乗ってみた

淀屋橋より13時30分発、特急出町柳行に乗車しました。淀屋橋からは自分含めて3人程度、最大で6人程度の利用でした。

内装インテリアは8000系プレミアムカーと大きく変わらずリクライニング機能、コンセント搭載のシート、石庭模様の絨毯が敷かれています。

しかし一部座席にヒーターの設置、対面が壁になる座席利用者向けに「鉄板」のテーブルが新たに取り付けられています。重量感ヤバいです。

また天井は空調部分が黒色で処理され、8000系と比べるとよりクールな雰囲気になりました。車内ディスプレイも組み込みタイプに。

因みに座席の数は8000系と変わりませんが、新造の利点を生かして8000系バージョンにある「横が柱」な座席は解消されました。

車内から表示器を見るとかんなカンジになっています。

約50分で出町柳へ

途中キーホルダーや箸置き等々、プレミアムカーのロゴが入ったグッズ販売が添乗アテンダントさんによって行われました。

約50分で終点出町柳に到着しました。ここでは特急同士が並ぶためこのように2種類のプレミアムカーの並びがみられます。

時間は少しかかるがめちゃくちゃ快適

阪急やJRと比べると京阪間の所要時間は多くかかってしまいますが、2社にはない快適な移動空間を過ごすことができるプレミアムカー。

この3000系プレミアムカー登場によって昼間の特急は全部連結され、ホームには券売機が設置されたため待たずにこれを気軽に体験できるのは嬉しいですね♪

注意:3000系は本数が少ない

1点だけ、注意すべきなのは3000系が担当する特急は多くの時間帯で8000系より少なく、日中は基本的に2分の1となっています。3000系のプレミアムカーを目的に行かれる方は注意が必要です。

また土休日の特急は毎時同じ時分(12時10分発と13時10分発など)で担当車両が異なる場合が多いので時刻表でしっかりと確認する必要があります。

鉄道コム
写真部 日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mittiyをフォローする
リトルライブラリー
タイトルとURLをコピーしました