[南海]第2四半期決算発表 15億円の純利益を計上!

南海
スポンサーリンク
Pocket

順調に利益を計上! 

 2020年度決算では関西私鉄の中では比較的影響が少なかった南海電鉄ですが、第2四半期においても37億円の営業利益、15億円の純利益を計上しました。

セグメント別業績

セグメント別に見てみると以下の通り

 運輸業において50億円の損失を計上していますが、不動産を始め他の事業で補えている為全体としては+になっています。

 以前も述べましたが、南海は阪急は京阪、近鉄が行っているようなホテル事業、遊園地の少なさ(というかほぼやってない)が特徴的。

 規模としては運輸業と比較すると比較的小さいですが、堅実に利益を上げられる事業を持っているので影響を受けにくいみたいですね。

予測では黒字決算

 今回の通期予測では2064億の営業収益、44億円の純利益になると予測しており黒字となる見込みです。

 南海の展開事業する中で懸念事項と言えば空港線とその関連でしょうか、旅行客が回復していないので復活はもう少し掛かりそうですね。

 

タイトルとURLをコピーしました