Mittiy のすべての投稿

KATO阪急9300系を加工する 室内パーツの塗装

大阪市地下鉄の50系も大詰めなので、以前買ったはKATOの阪急9300系を加工していきたいと思います。

早速分解します。屋根は6300とよく似た構造になっているんですねぇ。6300系であった車体が少し短い問題は流石に解消されていました(笑)

一通り分解したので、まずは座席から加工します。室内灯も入れたいので塗り分けを中心にやっていきたい所です。特に9300系は窓が大きいので、製品ママだと車内除くと淀川みたいな一面緑の光景になってしまいます。
 

はじめに床下の色で塗装します。最近の新車はこげ茶のような灰色のようなビミョーな色をしているので自家調合で調色した色で塗装します。
 

同じような写真ばかりで申し訳ないんですけど、塗装してる間に撮る余裕なんて全く無いのでお許しください。

フカフカでおなじみの座席を塗装します。出来る限り楽に塗りたいんですけど、筆塗りで何とかなる面積&数じゃ無いんでめんどくさいですが床一面をマスキングしました。複雑な場所はマスキングゾルなる物を試してみました。

一部木目の部分を塗装したあと、座席部分は深緑で塗装しました。濃すぎる気もしますが室内で殆ど隠れちゃいますしこれぐらいの方が良いんじゃないかなと。対岸の一般車にも使えそうですが、あまり興味ないというか、エコノミ―キットのようなキットがあるわけでもないので使うことは無さそう。

優先座席は最近流行のワイン色で塗装。地下鉄御堂筋線の女性専用車ばりに嫌でもわかるデザインになった訳ですが、効果とかはどうなんでしょうかね⁇

マスキング剥がすとこんな感じになりました。細かいところは筆で修正します。中央にあるタイル模様はシールか何かで再現しようかと思います。

南海電鉄が2019年度増益な件

今回のコロナウイルスの影響で鉄道会社も軒並み減収減益となったのですが、関西には増収増益だった企業があったみたいです。

2019年度の期末決算

南海電鉄、有価証券報告書によると、2019年度は前年比160%の208億1100万円の純利益となりました。項目を見る限り営業費の減少、営業利益と経常利益の増加が要因と思われます。因みに2017年度の純利益は147億円でした。

営業収益(売上)においても他社が軒並み下がっているのに対して南海は前年と同程度を維持という凄さ。

セグメント別に見てみた

セグメント別(事業部ごと)に見ると、不動産事業において去年度の2倍の営業利益を上げていた事が分かります。

レジャーサービス業やその他事業においても増収増益となっています。不動産事業に至っては90億円の増益となっており、増益の最大の要因だと思われます。

何があった

不動産事業の売上、営業利益の詳細を見てみたいと思います。

これを見てみると、売り上げ自体は余り変動がないものの、営業利益において2018年度のみ約半分の50億円程度まで落ち込んでます。何があったのでしょうか..?

減損損失(評価損)を計上したらしい

 南海電鉄によると、販売用不動産評価損を2018年度に計上したとの事です。その額が約60億円。理由は田園都市「彩の台」などにおける開発事業の見直しを行い評価損を売上原価として計上したとなっています。

他にも、橋本カントリークラブなどにおいて時価の下落を確認したことから、評価損(減損)55億円の計上を行ったとの事です。こちらは特別損失として計上しています。

つまり、2019年度が増収増益となったのは、前年度において減損を計上(費用の増加)し、利益が減っていたから、加えて経常利益の減益を受けて2018年度が他年度と比較して低い数値だったからという可能性が高いですね。

この事に関しては南海電鉄もほぼ同じ分析を行っているようで、有価証券報告書や決算短信、補足説明資料など至る所で述べられています。

以前作った、関西私鉄各社の売上高利益率分布表ですが、これは2018年度の資料で作っていたはずなので、2019年度バージョンだともう少し南海の位置が高くなるかもしれませんね。

阪急電鉄1000/1300系 今年度は5編成導入か??

今年も有価証券報告書発表の時期がやってまいりました。

有価証券報告書とは…

上場会社などに対して提出、開示が義務付けられている報告書類。事業概要、財務状態、株式構成など重要事項がすべて記載されている。

阪急阪神ホールディングスも上場会社なので、有価証券報告書の提出義務が発生します。

その中にある「設備の投資」項目内では、主要な設備の投資についての詳細が記載されており、鉄道車両に新造についても記載されます。

今年度は5編成導入か?

今回も阪急阪神ホールディングス 有価証券報告書より抜粋しました。

今年度は40両の新造予定となっており、5編成の導入が予想されます。価格は40両で54億2000万円、単純に5で割ると1編成10億8400万円となります。
確証はありませんが、取得するための費用(輸送費とか)も取得価格に組み込まれている筈なのでその点は注意。

規模の経済による単価の下落なのか、昨年度より1編成2000万円ほど下落しています。

詳しい形式はまだ不明

つい先日、1300系が2編成ほど搬入されたとの事ですが、残りの編成が1000系なのか1300系なのかはこの書類だけでは判別不能です。ただ、神宝線は19編成ほど在籍していますし、次は3300系や5300系が残っている京都線に導入されるのかな?という個人的な予想。