阪急阪神HD第一四半期の決算発表。189億円の赤字

阪急阪神ホールディングスの第一四半期(4〜7月)の決算が発表されました。

連結は189億円の赤字

やはりコロナウイルスの影響で収益は約760億円減収の1,112億円、利益はマイナス189億円の赤字決算となりました。

セグメント別に見てみる

都市交通、不動産、エンタメ、旅行、ホテル事業とグループでも大規模な利益を上げ続けていた事業セグメントが軒並み減収、赤字状態となっています。
やはり理由はコロナウイルスによる渡航中止や自粛などによる利用者減。加えて都市交通事業では駅販売事業などを外部化した影響も含まれています。どうしてもB to C(一般消費者向けのサービスを提供する企業)が多いゆえにコロナで大打撃を与えた形となっています。

阪急電鉄と阪神電鉄の収入、輸送人員は…

阪急阪神HDの決算短信では、阪急電車と阪神電車の収入、輸送人員が発表されているので集計しました。

阪急阪神ともに定期収入は20億、5億円程度の減収ですが、客単価が比較的高い定期外旅客の利用がひどく落ち込んだ影響でそれぞれ合計阪急は111億円、阪神は39億円の減収となっています。
阪急に限らず、鉄道会社各社が今の時期に色々な乗車企画を打ち出しているのはそいうった理由かもしれませんね。

B to C、固定資産比率が比較的高い鉄道事業などを抱える阪急阪神ホールディングスにとって、コロナウイルスは大きな影響を与えていると言えますね。インバウンドを中心とした人の往来が殆ど無いこの状況が続けば、財務状況悪化に陥る可能性もあるかもしれません。

KATO阪急9300を加工する 床下まわりの加工

阪急阪神HD、第一四半期は170億程度の純損失だそうです。また記事にしますね。

前面の手すりを立体化するためφ0.2mmの真鍮線を折り曲げて塗装。

細いですが、プライマーやら色を塗ると結局0.3mm位にまで太くなるので丁度いいのです。

ここまで塗装して気付いてしまった4.5mmと5mm幅の手すりパーツが発売されているという事実。

勿体ないので今回はこちらを使います。

床下の加工に入ります、と言っても再塗装しかやってませんが笑

一旦すべてをブラックで塗装します。

モーター車用の床下パーツはマスキングゾルを使います。

塗った後に水で洗い流して使うものらしく、床下とか屋根に有用かなーとおもって購入。

ニュートラルグレーと僅かに青系塗料を混ぜたオリジナル塗料を吹き付け。実際に見るともう少し明るい色です。

車軸箱のゴムをエナメル黒で塗装。ブレーキシューをオレンジで塗装しましたが全然目立たず…。後墨入れをやって、乾燥したら組み立てに入ります。

KATO製品は分解と組み立てがし易くて良いですよね。座席パーツも逆向きには取り付けられなくなっていて、自動的に向きが揃う仕組みになってました。

スカートは明灰色で塗装します。

次回完成させます…!

KATO阪急9300系を加工する 室内の再現と車番の貼り付け

久しぶりの加工です。

9300系は大型窓でクロスシートが並ぶ形で模型でもかなり目立つ存在のため、可能な限り再現したいと思います。

座席のカバーはプリント紙を1×2mmに切り出して貼り付けました。1両約40個、8両なので320個という苦行…。しかもきちんと貼り付けないと後でポロポロと取れていくという超ストレスフルな作業です。

中央の縞模様はAdobe Illustratorと市販の自作デカールを使って再現します。

実際は横7列の四角形が並ぶ模様ですが、細かすぎて潰れてしまうと思うので5列に減らしています。

市販されている自作デカールにプリントアウトして貼り付けます。

貼り付けるとこんな感じになります。はみ出してる所と腰掛は後で修正&取り付けます。

室内は照明をのぞいて加工が終わったので次は車番を貼り付けます。

家に余っていたジオマトの金属車番を上から重ねました。ズレても修正できるのが良いですね!

そういえばジオマトさん、インレタ類の販売を辞められたんですよね。金属車番に関してはとても重宝してたのですが、これからは自分で発注するしかなさそうで…。

最近の阪急は肩部分に車番を入れるのが流行みたいで、9306も例外なく検査と同時に付けいるので、でんしゃふぁくとりーから出ているインレタを使います。

まずマスキングテープを使って位置決め。原則向かって右側に貼り付けられています。

2桁ずつ貼り付けます。上ぎみな感じがしますが、アイボリーがつくので多分問題ないかと。

流行とか言いましたが勿論ホームドア対策の筈で、今後のスタンダードな姿になると思います。